【出会い系ワクワクメール体験談】36歳の人妻るみ子さん「私のオマンコ臭い?」VOL1

【出会い系ワクワクメール体験談】36歳の人妻るみ子さん「私のオマンコ臭い?」VOL1

出会い系のワクワクメールで出会った、36歳の人妻るみ子さんはご主人に「お前のオマンコ少し匂うな」と言われたのがトラウマになった少しかわいそうな人妻です。

【出会い系ワクワクメール体験談】36歳の人妻るみ子さん「私のオマンコ臭い?」VOL1

 

【出会い系ワクワクメール体験談】
36歳の人妻るみ子さん「私のオマンコ臭い?」VOL1

 

アプリ 女の子のタイプ 体の特徴 プレイ
≪18禁≫ワクワクメール 美熟女 スリム 色白 貧乳 後にパイパンになる 中出し イラマチオ

 

【るみ子さんを紹介します】
るみ子さんは≪18禁≫ワクワクメールで出会った俺のセフレで36歳のパイパン人妻です。
幸薄い顔をすぐに真っ赤にするカワイイ人妻です。
身長は158cm色白でスリムな体で貧乳ですが乳首はピンクでいつも勃起しています。お尻が大きいのを気にしていますが、かえってウエストのくびれが際立ちます。
そう言ってお尻をホメると「恥ずかしいわ」と顔を真っ赤にします。
人妻るみ子さんは、ご主人に「お前のオマンコ少し匂うな」と言われたのがトラウマになった少しかわいそうな人妻です。
るみ子さんは、もともと陰毛は薄い方ですが「○○さんに私のオメコをよく見て欲しいの」と言ってクリニックでVIO脱毛をしてきました。
アナルのまわりにポヨポヨと生えていたケツ毛がとてもチャーミングで好きだったのですが・・・それは言わない事にします。
 るみ子さんは名古屋の人で、アソコのことを「オマンコ」と言ってましたが俺が
「関西ではオメコと言うんですよ」と教えました。
それ以来「オメコ」という方が興奮するみたいです・・・

 

 

るみ子さんと初めてエッチしました。
ご主人に「お前のオマンコ少し匂うな」と言われたのが
トラウマになった少しかわいそうな人妻です。
るみ子さんのオメコはとてもいい匂いがしました。
ゴムを準備してきたのですが、盛り上がって中出ししちゃいました!

 

 

新幹線の名古屋駅の改札で待っていたのはプロフ写真で見覚えのある顔でした。
少し薄幸そうな顔のるみ子さん、プロフ写真の通りの派手さはないが清楚な感じの美人さんでした。
すぐにわかりましたが「るみ子さんですか?」と聞くと顔を真っ赤にして小さな声で「ハイ」と答えてくれました。
夕方の6時を少しすぎていたので「食事はまだですか?」と聞くと、また顔を真っ赤にして「ハイ・・・」と答えます。

 

 名古屋の事を少し下調べをしてきたのですが、るみ子さんがおいしいひつまぶしの
お店があるとのことでそのお店に連れて行ってもらいました。
食べ終わるころ、るみ子さんはちょっとお手洗いにと席を立ち、支払いを
済ませてしまっていました。「悪いです、だめですよ」と言うと、
「男性に恥をかかせて、ごめんなさい」と顔を真っ赤にして言いました。

 

お店を出てしばらく歩いているときに「るみ子さんとエッチがしたいです」と単刀直入に言いました。
「私、変態かも知れないですけどいいですか?」と顔を真っ赤にします。
るみ子さんはお酒が飲めないとの事なので、すぐホテルでエッチをしたいようでした。

 

出会い系,ワクワクメール,人妻,

 

ホテルの部屋に入って、いきなりるみ子さんを抱きしめて、唇を吸いました。
折れそうなほど細い腰、なのに大きなお尻。
お互い舌を絡めて、お尻を撫でお尻の割れ目をスリスリしました
「あ、シャワーをお先にどうぞ」と言うと
「あの・・・お願いがあるんです。洗ってない私のオマンコのニオイを嗅いで下さい」
顔は清楚なのにとんでもないド変態と思っていたら、続けてこう言いました
「主人がお前のオマンコ匂うと言うんです」
可哀そう、なるみ子さん。
「それで、るみ子のオマンコ臭いって言われると、すごく興奮するんです」
・・・やっぱり少し変態なるみ子さん。

 

 

それで、ベッドに押し倒し唇を吸いながら上着を脱がしました。
ブラをズリあげるとビンビンに勃起した乳首が現れました。
思わず乳首に吸いつくと「噛んで下さい」と喘ぎながら、るみ子さんにお願いされました。
軽く乳首を上手に甘噛みするとるみ子さんは「うれしい~」と体をビクビク震わせます。
るみ子さんはやっぱり少し変態です。

 

薄いピンクのパンティにはすでに染みがにじんでいて上から割れ目をなぞると
さらにパンティに染みがにじんできます。
「るみ子のオマンコの匂いを嗅いで下さい」と懇願してきます。
両手でるみ子さんの乳首をつまみながら覚悟してるみ子さんの洗ってない
オメコの匂いを嗅ぎました。
少し香ばしい良い匂いです、どこか懐かしい匂いです。

 

「るみ子のオマンコ臭いって言って~」そして
「オマンコ臭いって言われると興奮するんです~」と続ける哀れな、るみ子さん。
俺は「るみ子さんのオメコはとてもいい匂いがします。俺は大好きだ」

 

「関西ではオマンコの事をオメコと言うんです。るみ子さんもオメコと言ってください」
と言うと「ああ、オメコ、オメコ、なんていやらしい言葉かしら」

 

 

パンティを脱がすと薄いマン毛のオメコが現れました。
るみ子さんのオメコを指で開いて、あふれかえるマン汁をすすりました。

 

「るみ子さんのマン汁おいしいです」と言うと。
「るみ子のマン汁おいしい・・・うれしいぃぃ~」とのけぞります。
「るみ子のオメコをもっともっと見てください」こんどは自分の指で大きく
オメコを開いて膣口がポッカリ開きました。

 

膣のヒダがうごめいてオメコの入口まではみ出して、
空気が出入りする音が「ぺちゃっ、ぺちゃっ、ぷりゅっ、ぷりゅっ、」と
いやらしい音を立てます。

 

「いやらしい音がしますよ」と言うと「いやぁ~言わないでぇ」と
腰を突き出します。

 

 

俺はチンポを出すとるみ子さんの顔に近づけました。
るみ子さんはクンクン匂いを嗅いで「○○さんのおちんちんは少し臭いわ」
チンポ臭いって言われてしまった!

 

「でもちいさくてカワイイ!○○さんの小さくて臭いおちんちんが大好き」
いや、ホメてもらった。
くやしいので往復チンポびんたをすると「もっとして~」とお願いされます。

 

やっぱり、るみ子さんは変態です!

 

 

るみ子さんは乳首をつねって欲しいので自分の指でオメコを開いているのです。
るみ子さんのかわいいクリちゃんは勃起して皮から剥き出ていますが、さらにクリの包皮を舌で剥いていきます。
るみ子さんの指で大きくぽっかりと開かれた膣口の穴の縁を
舌でなぞるように舐めると「ううぅぅ〜」と言葉にならないうめき声をあげます。

 

「るみ子さん、どうですか?」と聞くと「ううれしいです、すごくううれしいです」
とよがります。

 

るみ子さんは「○○さんのおちんちんをしゃぶりたいです」と言いました。
「シャワー浴びてないから・・・」というと「いいんです、○○さんの臭いチンポが好きです」と
勃起して亀頭が露出した包茎チンポを咥えてくれました。

 

またチンポ臭いって言われてしまったと思いながら
「るみ子さんのオメコの匂いは好きです」と言いました。

 

るみ子さんのフェラは歯が時々あたり下手くそですが、一生懸命で
嬉しくなってしまいました。
「下手でしょ?」と言われ「きもちいいです!うれしいです 」と答えました。

 

「オマ・・オメコをなめてもらいながら、○○さんのを咥えたいです」
「私、変態ですか?」と聞かれました。
俺は「うれしいです、るみ子さんにチンポをしゃぶられながら、るみ子さんのオメコを舐めたいです!」
とお願いしました。

 

 

69でかぶさってもらい目の前ある、るみ子さんのオメコを指で開いて舌でヒダヒダを掻き分け、膣口を舌でグリグリほじりました。
るみ子さんは俺のチンポを咥えながら体をビクビク小刻みに震わせ感じています。

 

「るみ子さん、もーちゃんてわかります?」と聞くと「はい、あの恥ずかしいポーズですよね」と顔を赤らめながらバックポーズでお尻を高く突き出してくれました。

 

「るみ子さん、お尻の穴が丸見えです」プックリしたピンク色の、るみ子さんの肛門はとてもカワイかったので
「るみ子さんのお尻の穴、カワイイです」と言えば「恥ずかしいですぅ」と言いながら肛門はピクピク反応しています。

 

るみ子さんの肛門に鼻を近づけクンクン匂いを嗅ぐと香ばしい良い匂いがしました。
「汚いからだめですよぅ」と言いながら肛門はヒクヒクと反応します。

 

 

「乳首をつねってください、オメコを吸ってください、お願いしますぅ」
とさらにお尻を高く突き出しながら自分でオメコを両手で開きます。
腟内のヒダヒダを迫り出させたり腟口をぽっかり開き。ポフッ、プリュと空気の出入りする
卑猥な音を立てながらオメコがうごめいています。

 

 

その卑猥な光景に見惚れながら、思わず自分でチンポをしごいていました。
「早く、早くオメコを吸って! 乳首をつねってくださいぃ」
と懇願されて我に帰りました。

 

大きく開かれた膣口を吸い、るみ子さんのほとんど内臓の膣壁のヒダヒダを味わいました。
そして鼻で肛門を刺激して、両手でるみ子さんの乳首を摘みました。
「痛くしてください、つねってください!」と懇願され

 

乳首を強くつねると「あぁうれしいです」と肛門をヒクヒクさせて喜びます。

 

 

おれのチンポはもうギンギンでがまんできなくなったので「るみ子さん、俺のも吸ってもらえますか?」と
今度は俺が上になりチンポを、るみ子さんの口に垂直に挿入しました。

 

るみ子さんの喉奥を突くように数回ピストンするとゲホゲホと咳き込んだので
「ゴメンね、苦しかったですか?」と聞くと
「嬉しいです、頑張りますのでもっとやって下さい!」と言われたのですが、
可哀想になってしまいました。だから少し浅くチンポを出し入れしていると、
るみ子さんは俺の腰に手を回してチンポが喉奥深く当たるように動きを添えてくれました。
チンポが、るみ子さんの喉奥に当たる感触を味わいながら俺は、るみ子さんの肛門に人差し指を入れ、
親指を膣に入れ指で挟んでヒダヒダやコリコリの感触を楽しみ、クリちゃんを吸いました。

 

「るみ子さん挿れてもいいですか?」と持ってきたゴムを取り出したら、
「ゴム無しで挿れて下さい、お願いします」と切ない表情をして言われました。

 

 

出会い系,ワクワクメール,人妻,

 

 

正常位でオメコのワレメをチンポでなぞって焦らしながら、
覆いかぶさりキスしながらチンポを挿れました。

 

るみ子さんの舌を吸いながら、勃起した乳首を摘むとオメコできつくチンポを締め付けてきます。

 

オメコを締めたり緩めたりで何かを伝えようとしているようです。「わかった?」とるみ子さん
「???」・・・「うれしい、ありがとう、て言ったんだょ」

 

俺は感激してしまって、テクニックも何も無く、るみ子さんのオメコをチンポで突きに突きまくった、
るみ子さんの膣は浅いみたいで子宮口のコリコリする感触をチンポの先に感じた。
るみ子さんは「うれしい、うれしいです」と小さく喘いでいます。

 

「るみ子さん、今度はバックで・・・」「恥ずかしいです、でもお願いしますぅ」とお尻を突き出します。
「オメコを指で開いてください!」
「こうですかぁ、恥ずかしいですぅ」
ポッカリ開いた腟口に亀頭だけを少し出し入れするとヌポッ、ヌポッとイヤらしい音がします。
るみ子さんたまらず「深く挿れてください、お願いしますぅ」と懇願しますがかまわず、
先っちょだけの抜差しを続けました。

 

折れそうな細いウエストに大きなお尻、ヒクヒクするピンクの肛門が丸見えで、
最高の眺めです。

 

るみ子さんのウエストに当てていた手をお尻に移して、わしづかみにするといきなり深くチンポを突き刺しました。
ブリブリブリと膣から空気の漏れる音が出ます。「ひぇ! オナラじゃないですぅ」と、
るみ子さんが必死で言います。「大丈夫ですよ。膣の空気がチンポに押されて出た音ですよ」
「ほら、もう一度オメコを指で開いてください。
行きますよ!」ブリブリブリ「いやぁ」ブリブリブリ「気持ちいいですぅ」ブリブリブリ、
チンポを深く挿れるたびにるみ子さんのピンクの肛門が少し膨らみます。

 

チンポが浅い時には少し肛門がへこみます。ちんぽの抜き差しに連動して動く
るみ子さんのピンクの肛門にとても興奮します。

 

親指の腹を肛門に押し当てながらチンポを抜き差ししていましたが、
指に唾をつけて肛門に人差し指を挿入しました。「汚いからだめです!」
「さっきも指入れましたよ」「気持ち良すぎてわからなかったです」指を抜いて匂いを嗅ぐ
臭くない!少し香ばしいが臭くない、むしろ懐かしい匂いがする。
「アナルは恥ずかしいから・・・」とるみ子さんが言うので、アナルは諦めました。

 

そして、チンポを深く突き刺したまま腰をグラインドさせ子宮穴のコリコリをチンポで感じながら、
小ぶりのおっぱいを手の平で包み込んで優しく揉みしだきました。
るみ子さんは自分でお尻を動かしながら「あん あん あん」小さくあえぎながら、
リズムを取ります。

 

細いウエストにに前後に動く大きなお尻、
膨らんだりすぼまったりするピンクの肛門を見ていると
イキそうになってしまいました。

 

「るみ子さん、オレもう・・・」「あ、待って 待ってください キスしてください、
キスされながら中出しされたいんです・・・」

 

 

俺は、るみ子さんを仰向けにしておおいかぶさりました。
キスの前にビンビンに勃起したピンクの乳首を吸うと「乳首を噛んで下さい」といわれ

 

少し強めに噛むと「あああ痛い、痛いですぅ うれしいですぅ」ともだえます。

 

俺は、るみ子さんのおっぱいを激しく揉みしだくとるみ子さんの唇を吸いながらチンポをオメコに挿入しました。

 

るみ子さんは舌をからめてきて俺の舌を吸います。「うううっ・・・」と言葉にならない呻きを
あげておれの腰に足を絡めて激しく締め付けてきます。

 

激しくのけぞり膣でチンポを締め付けられるので、俺はもうピストンができない状態になりました。

 

「俺、もう動けません・・・」「○○さんはじっとしていて大丈夫です」「私がしてあげる・・・」と言って
膣でチンポをリズミカルに締め付けてきます。
俺のチンポはるみ子さんの中で萎えてしまっていたが、
リズミカルな膣のうごめきに再び大きくなり「るみ子さん出ちゃいます・・・」
「あ、待って、キスして、キスして下さい」そして、るみ子さんの膣内に大量射精しました。
「あ、あ、あぁ~うれしいですぅ~」「○○さんの精子がびゅるびゅる出てるのを感じます、嬉しいですぅ」
信じられないほどの量の精子をるみ子さんの中に発射しました。

 

 

3時間半もエッチをしたのは初めてでした。チンポはふやけていました。でも、るみ子さんは最高でした。

 

 

出会い系,ワクワクメール,人妻,

 

 

いっしょにお風呂に入りながら
「俺のどこが好きですか?」と聞くと「○○さんのちっちゃいおちんちんがカワイイ」とホメて?くれました。
「私のどこが好きですか」と聞き返されたので「ピンクの乳首といい匂いのオメコが好きです」と
答えました。すると「うそ!私のオマンコ・・・オメコ匂ったでしょ?」と顔を真っ赤にします。
「るみ子さんのオメコはいい匂いで、大好きです!」 「大きなお尻も大好きです!」と言うと
「イヤ!言わないで・・・」とまた顔を真っ赤にしました。

 

「また、合ってもらえますか?」
「もちろんです!」と俺は答えた

 

つづく・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

登録無料 ワクワクメール

 

≪18禁≫ワクワクメール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

短小って言われたワイのチンコが・・・!